本音で語る。若白髪がある人について思うこと。

若白髪は遺伝だけじゃない

最近、若いのに白髪がたくさんある人をよく見かけます。白髪ができるような年齢じゃないのに白髪があるのは、いわゆる若白髪というものですが、この若白髪って実は遺伝だけじゃないんですよね。
友達にも若白髪が生えている人がいますが、「白髪は遺伝だから」と決めつけて何もしていなかったりもします。何もしていない上に気にしていないのならいいのですが、何もしないくせに「どうして白髪が治らないのかな」と悩んだりもしています。
若白髪の原因は遺伝だと思い込んでいる人って多いみたいですね。

若白髪で悩んでいるのなら、原因をはっきりさせるべき

若白髪は遺伝だからと決めつけるのではなく、治したいと本気で思っているのなら原因をきちんと突き止めるべきだと思います。
確かに若白髪には遺伝も関係しています。それでも遺伝だからと何もしないよりは、対策を打つことで白髪が減ることだってあるわけです。
若白髪だけどどうせ遺伝だから染めるしかないという人は、本当に遺伝だけが原因だと思っていますか?
白髪の原因ってホルモンバランスの乱れや食生活、生活習慣だって関係しているものですよ。

無理に髪を染めることより、改善させることを優先する

白髪が目立つからと無理に黒く染めたり、カラーリングを何度もして髪や頭皮をボロボロにしてしまっている人がいます。
見た目は白髪がなくなるので確かに良いかもしれません。でも、カラーリングを繰り返したボロボロの髪や頭皮って若白髪よりも老けてみえますし、不健康なものです。
白髪に悩むのなら髪を染めたい気持ちはわかりますが、白髪を改善させていくことから先に考えていったほうがいいのではないでしょうか。
白髪は改善しない、髪や頭皮はボロボロになる、そんな状態では10年先の髪や頭皮がどんな状態になっているか想像するのも嫌になってしまいます。

そこまで周りは若白髪を気にしていない

実は私も若白髪に以前はすごく悩んでいました。しかし若白髪は遺伝が100%というわけではないことを知ってから、食生活や生活習慣をとにかく見直すようにしました。年月はかかりましたが、今では白髪は当時の半分以下に減ったのです。
白髪を改善しているうちにわかったことですが、本人が悩んでいるほど周りは白髪に気づいていない、あるいは気にしていないものだったりするんです。
もしかしたら、白髪がなかなか改善しないのは「改善しないと悩んでいるから」というだけかもしれません。
もし若白髪に悩んでいるのであれば、周りを気にせずまずは改善させることを考えましょう。遺伝であっても治らない病気というわけではないのですから。